スパロボT : 2019年3月20日発売決定。 今回も限定プレミアムサウンド版あり。

 2018-12-12
edit
SERT_015_201812112356257a7.png



スーパーロボット大戦T|公式サイト
https://sorewaterada.suparobo.jp/




というわけで、本日12月11日放送の生スパロボチャンネルにおいて、発売日&限定版情報が公開。
しかし盛り上がりもないやたら淡々とした公開だったし、これ初報で発表できた内容ではなかろうか。
今回の放送がスパクロとDDだと空気が冷え冷えになるのが目に見えていたからネタ温存してたのだろうか。


発売日は来年の3月20日に決定。 
奇しくも、スパロボKの発売日(2009年3月20日)から丸10年のその日である。ガンソード、10年目の復活。
限定版内容や価格は両ハードとも同じなので、好きな方を選ぶとよし。

ただし、自分が所持している楽曲データをBGMエディットとして設定できる、
いわゆるカスタムサントラ機能はPS4版だけの仕様となっていることに注意。
自分はカスタムサントラ活用しない派だけども、する人は気をつけよう。





SERT_014_20181211235632f2e.png


また、早期購入特典として、「ゲシュペンストが序盤から使えるコード」が付属。
この辺はヒュッケバイン&グルンガストやサイバスターでおなじみとなったいつものやつである。
なお今回ギリアムは出ませんと明言。

そして生放送の寺田P発言によると、「ゲシュペンストは主人公の別機体みたいなもの」ということらしい。
はてさて一体どういうことを指して「別機体」と言っているのか。



>> [記事の全文を表示]

タグ : スパロボ情報

スパロボT : なんか現時点で思いついた雑感的なあれこれ。

 2018-11-27
edit

◆ 自分的な雑感あれこれ


・ゲシュペンスト、いったいどんなスタイル?

「パイロットは新規キャラ」とだけは判明しているゲシュペンスト、
「中の人」だけでなくゲシュペンスト自体も果たしていったい「どんな仕様か」というのが気になるところ。
ただでさえバリエーションや個別作品における設定の多いゲシュペンストシリーズ、
黒ゲシュにだけに限ってもそれはそれはかなりのものである。


 1.パンチだ!キックだ!スーパー系
 2.ニュートロンビームが光る!リアル系
 3.原点はここにある。ヴァンピーアレーザーとか手刀カッター、コンパチ系
 4.いいからドッジボールしようぜ


OGでの主な出番がゲシュペンスト・タイプR(→RV)なのでリアル方面の印象が強くなっているここ10年以上であるが、
OGだけでなく第4次やFにおいてもリアル系とスーパー系の双方が存在しているのがゲシュ1&2であって、
では果たして今回スパロボTに登場するゲシュペンストは「どのバージョン」なのかというのが目下の関心。
なおタイプTは……どっかにとりあえず置いといて。


個人的には、使える機会がこの15年以上ほっとんどなかったタイプS(スーパー系)ベースだったりしても嬉しい。
というかいっそRとSを混ぜて両方の長所を持ちパンチもキックもビームもブラスターキャノンもあるぞ!とかでもいい(贅沢)
ていうかゲシュペンスト・Hをファントム要素のない純粋にPTとして使いたい(話が逸れる)。


また、Vではブラックホールキャノンに暗剣殺、Xではコスモノヴァなど追加武装があったりしたが、
ゲシュペンストで追加武装…?というとピンとこない(それこそパンチかキックか)のも気にかかる。

とにもかくにも、動く映像を含めて今後の情報公開に期待。
α外伝の量産型ゲシュペンストMk2が好きだったので、久々のBBスタジオ製ゲシュペンストというのも楽しみである。
ジェットマグナムはやたら速く重く強そうで、スラッシュリッパーの重厚感が凄まじかったあれももう15年以上前か…






・今回、クロスボーンは何をやるのだろう、という関心事。

スパロボT@参戦作品続投or再参戦or新規について | スパロボをこよなく愛するTMZ2のブログ
http://ggglove.jugem.jp/?eid=4548

おなじみTMZ兄貴の「続投/再参戦」まとめを見てそういえばと考えたこととして、
「鋼鉄の7人」(+F91)だったXから、今回は再度クロスボーン無印が復活しているという点があり。
とりあえず考えつくのは「ドゥガチは“復讐”というテーマにピッタリ」というあたりだけども。
PVの敵もバタラだし、なんやかや木星帝国関係はある…と思うけれども。
あとキンケドゥは使えますよね、ね?


個人的には「鋼鉄の7人」の話もやってほしいけど「機体だけ参戦」と明示されてるしなあという。
「機体だけ参戦」詐欺も板についてきたとこだし無印の話に鋼鉄7人要素をまぶしたりしてくれてもいいのよ?
あとあれ、成長ギリくんとビギナ・ギナⅡを使わせてくださいお願いします。

ついでに「鋼鉄の7人」原作最終決戦では量産型F91がリミッター突破してMEPE発生させてたような描写あったし、
鋼鉄の7人を出典にした量産型F91はMEPE攻撃が最強武装にあってもいいんじゃないかと思うんですよ、はい。

ところでふと気になったんですけど、
~第二次αのあたりまでは持ってたビームバズーカだかビームランチャーだか、
F91君はどこに落としてきたんでしょう。拾ってきて。





>> [記事の全文を表示]

タグ :

スパロボT : 公式サイト正式オープンほか、初報まとめ記事公開など。

 2018-11-27
edit
SERT_logo.png


スーパーロボット大戦T|公式サイト
https://sorewaterada.suparobo.jp/





発表から1週間。
恒例のファミ通掲載を経て、その雑誌情報をまとめたWEB記事の公開と同時に公式サイトも本格開店。
注目としては、「ティザーのお遊びだろと思ってたsorewateradaがそのまま続投」あたりかと思われます。


また、スパロボおなじみ集合絵、本作のメインビジュアルも同時に公開。
久々のGガンダムというのが嬉しいところ。そしてGGGと隣り合わせ&センターが燃えててとても暑そう。





『スーパーロボット大戦T』圧巻! 全参戦作品の戦闘シーンが公開!
『魔法騎士レイアース』や『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』など新規タイトルにも注目! - ファミ通.com
https://www.famitsu.com/news/201811/27167982.html


「スーパーロボット大戦T」の最新スクリーションショットが公開。
スペシャル参戦オリジナルロボット“ゲシュペンスト”の登場も明らかに - 4Gamer.net
https://www.4gamer.net/games/441/G044128/20181121167/




新しい情報は取り立てて増えておらず、とりあえずは武装名やユニット名をゆっくり確認できるくらい。
また今回のゲスト参戦「ゲシュペンスト」についても掲載。
再度念押しするけども「ゲシュのパイロットは新規キャラ」である。





タグ : スパロボ情報

スパロボT : 生放送以外の追加情報あれこれ (うますぎ、ファミ通など)

 2018-11-22
edit
スーパーロボット大戦T | 公式サイト
https://sorewaterada.suparobo.jp/

「スーパーロボット大戦T」第1弾PV - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YPThsaYrwBw






◆ うますぎWAVE より


・Tは“Terra”のTだよ。寺田じゃないよ。
 宇田Pには「UTAだからUXなんだろ」とか言ったりしてたけどTeradaじゃないよ。
・キャッチコピー「それは地球(テラ)だ」、ぶっちゃけ通ると思ってなかったけど通っちゃったよ。

・話も「Terra」がテーマになっているよ。
・太陽系が舞台なのでビバップの世界観が合うのではないか、と。
・キーワードは太陽系復讐劇。 他にもあるようだけどネタバレになるのでヒミツ。


・Vでヤマト、Xでナディアときた「戦艦枠」、今回はハーロック、みたいな。
・プロデューサーどうしで殴り合った結果、アルカディア号は「緑の方」に決定。らしい。

・今回の声優陣、スパロボ史上でも稀に見る『ベテラン勢揃い』。
なにせ釘宮・置鮎氏あたりでも「若手」になるレベルだとか。







◆ ファミ通 より

PVになかった情報としては、とにもかくにもゲシュペンスト。
パイロットについて詳細は明らかにされていないが、Vのヒュッケ&ガストと同様に新規キャラが搭乗の模様。

ほか、目新しい情報はなし。







◆ 気になる謎のコピーライト表記?


Twitterでの中で出てきた、スパロボbloggerおなじみTMZ2兄貴のひとこと。




スパロボにおいて、いわゆる版権表記というのは、登場作品について欠かせないものであると同時、
例えばスパロボZが「雑誌発表時には参戦作品を一部のみ公開 → 後日イベントのPV上映で全公開」とした時、
コピーライト表記から未公開作品を割り出す試みが行われるなど、ちょっとした情報が眠っていたりするもの。

今回そこにおいて、「永井豪・石川賢/ダイナミック企画」という、
一見ありふれた表示に見えるけれど、実は見慣れない表記があった、という話。



確かに、従来ならばダイナミック系の表記としては、

“1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会” (チェンゲ)
“2004 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・新早乙女研究所” (新ゲ) 
“2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋” (真マジンガー)
“2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所” (OVAカイザー)
“2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所” (OVAカイザー暗黒大将軍)

などなど、このように作品・製作委員会単位での表記になるところ、
それがない作者/ダイナミックのみという表記は確かに見慣れないし、
過去のスパロボを見渡しても同様の表記は存在しないので、確かに気になる。



そこで類似の表記としては、
VやXに登場したマジンエンペラーGやオリジナルカイザーの管轄であろう表示として、
永井豪/ダイナミック企画」という形式があったことに注目。
つまり、出典が作品の枠に捉われないユニットを扱う際、
こういう表記になると推測できますね。


それらのパターンに則るならば、
永井豪・石川賢/ダイナミック企画」というのは、

 1.ゲッターロボ系の
 2.作品の枠にとらわれない扱いのユニット

を登場させる予定なのではないか?という推測ができるのかもしれない。





https://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/file/view/6010?entry_id=5449


…というところで、さらにTMZ氏のツイートより又聞きしたところ、
「2017年の魂ネイションのリリース資料に掲載されているゲッターエンペラーに同じ表記がされている」とのこと。

とはいえ、「立体ゲッペラーと同じ表記だからゲッペラー登場か」とは結論づけられないという点にも注意。
「永井豪/ダイナミック企画」という権利元直轄的な表記でエンペラーG&カイザーと複数が登場していることを考えると、
類似のこの表記からは「何が出てくるか、はたまたジッサイ敵か味方か」すら何も分からないにも等しいと言える。


ちなみにスパロボVのときは、6月にゲーム発表 → 10月にマジンエンペラーG電撃公開&V登場と発表、
そして翌年発売…という感じだった。



まあ、過度に期待せず、今後の情報解禁や発売後に何かサプライズでもあればいいなーと軽く期待するくらいで待っとこう。




タグ : スパロボ情報

シリーズ最新作 『スーパーロボット大戦 T』 PS4/Nintendo Switchにて2019年 発売決定!

 2018-11-20
edit
terrada


スーパーロボット大戦T | 公式サイト
https://sorewaterada.suparobo.jp/



PlayStation4/Nintendo Switch「スーパーロボット大戦T」第1弾PV - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YPThsaYrwBw





昨夜19日の生放送において、3年連続となる版権スパロボ最新作が公開。
その名もスーパーロボット大戦T! なおTは「Terra(地球)」のことで、決して「寺田」ではないとのこと。


というくせ公式HPのアドレスがキャッチフレーズそのままローマ字表記の「terada」というのは狙ってるでしょ絶対。
まあ現時点では仮設ティザーサイト状態なので、本開設に伴ってフツーのURLになるとは思われますが。


今回の発売機種はPS4/Nintendo Switchのマルチ展開。
Vitaはえー加減そろそろ寿命のようで、今回からは外れる模様。
いわゆるマザーシップ的な2DスパロボがNintendo機種に出るのっていつぶりでしょう。


発売日については未発表で、V、Xでおなじみになっていたゲスト参戦オリジナルともども気になるところ。
ヒュッケバイン&グルンガスト、サイバスターと続いて、今度は何か、そもそもいるのか。


(※追記)




今週の雑誌掲載情報をチラリズムする先出しファミ通によれば、
今回の特別参戦オリジナルは『ゲシュペンスト』である模様。




>> [記事の全文を表示]

タグ : スパロボ情報
| ブログTOPへ戻る |

ブログパーツ