スポンサーサイト

 --------
edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

『スプラトゥーン2』進化したイカたちが2,017年夏登場!

 2017-01-20
edit


Splatoon2|Nintendo Switchソフト|Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/splatoon2/index.html





衝撃デビューからはや2年。
E3初公開の時から「こりゃァただ者じゃねえぞ…」という雰囲気を漂わせていたものの、
まさかいきなり150万タイトルに一気に成長するとは思わなかったスプラトゥーン。
その待望の『2』がニンテンドースイッチ向けにこの夏発売決定。


ブキの追加やフェスの開催を当初予定を大きく越えるまで続けたお陰でつい最近のような気もしていたけれど、
もう2年なんですよね、早いものだ。 (5月発売なので厳密にはまだ2年ではないけれど、発売時には越えているとして)












今回の設定としては、
「前作から2年後、ハイカラシティから2駅のところにある新たな流行の中心地・ハイカラスクエア」が舞台となるとのこと。
スペシャルウェポンは全て一新され、サブウェポンにも新たなものが登場するほか、既存武器種の新アクション追加、
また当然ある新ステージの登場や、既存ステージにも新たなギミック追加など、色々と新鮮に楽しめそう。

そしてスイッチの特性を活かして、ローカルで集まっての対戦プレイにも対応しているとのことだが、
個人的に気になる点としては「ヒーローモードの延長または発展として“協力”マルチはあるのだろうか」というのがある。
その辺りは今後の情報公開に注目というところだろうか。


スプラトゥーンは公式アカウントが精力的かつユーモアたっぷりに活動しているので、
情報としてはそちらを参照すれば大体のことは分かるが、それでも一応自分の視点を交えて、
イカより自分の注目&変更点について。


Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
https://twitter.com/SplatoonJP





>> [記事の全文を表示]

スポンサーサイト
タグ : ゲーム情報

シオカラーズのamiibo等を購入しました。

 2016-07-07
edit
P7075404.jpg    P7075409.jpg





というわけで、7月7日発売のシオカラーズamiiboと、その他スプラトゥーンamiiboを購入したりしていました。

シオカラーズセットは予約開始からしばらく経っても取り扱いが残っていたセブンネットのショッピングで、
他イカmiiboは、限定カラーverではなく、店頭在庫を見かけたときにちょくちょく買っていた通常verで。
単にヒーローレプリカ武器とイカパッチンが欲しいだけだったので、カラーには特にこだわりはなかったのです。







P7075411.jpg


とくにディスプレイするつもりもなかったし、ハコのままでも見栄えは悪くないのでハコからは出したくなかったものの、
どちらにせよ空けなければNFC読み込みもできないので、できるだけ外形を損ねないようにパッケージを開けつつ、
中の銀紙等々を取り出しながらハコに入れたままでも読み込めるようにしたのがこちらになります。







P7085413.jpg


でも結局出して飾った様子がこちら。








タグ :

Splatoon / スプラトゥーン : 『ショッツル鉱山』『アンチョビットゲームズ』 追加予定の新ステージ映像公開。

 2015-12-17
edit








先日売上実数が100万本を突破したことが発表されたスプラトゥーン。
このたびは、追加予定の新ステージ2つ「ショッツル鉱山」「アンチョビットゲームズ」を紹介しながらイカたちが踊る映像が公開。








> ◇『Splatoon(スプラトゥーン)』更新データ(Ver.2.4.0)配信のお知らせ

また、明日18日にはver.2.4.0の更新データ配信も予定しているとのこと。
問題の修正やガチホコの「進入禁止エリア」追加のほか、マッチングについてもさらに手が加えられ、
熟練プレイヤーと始めたばかりのプレイヤーが当たりにくくなるよう調整されるとのこと。







タグ :

Splatoon / スプラトゥーン : Ver2.2.0 更新後のブキをいくつか使ってみた感想。

 2015-10-22
edit


というわけで、多くのブキに修正が入ったアップデートより数日。
いくつかのブキについて、自分が使って得られた範囲での感想を記してみる。




  • ZAP系
  • デュアル系

  • 射撃時の移動速度がそれぞれ約10%~20%上昇しているこれら。その恩恵はすさまじく、
    いま自分がメインに使っているシャープマーカーを使う理由がひとつ減ったとまで思うような機敏ぶり。
    中・近距離での相手に対する翻弄力が上がっていて強すぎじゃないかとまで思うのでしばらく流行りそうな気もする。
    あとは弾道のまとまりさえよくなれば完全に自分好みなのだけれども、まあその辺は素直にシャープを使おう。
    塗りはやはり多少まばらなので、その点においては隙間なく塗れるシャープに分はあるし。




  • ラピッドブラスター系

  • イカ状態から射撃にかかるまでの時間や、発射後の硬直時間が減るなどの微上方補正に、
    他のブラスターの下方修正が合わさって、相対的に割りかし強化がされた気がしなくもないのがこのラピッド。
    特に射撃後の硬直が減ったのは実感するところで、中距離での牽制をしつつ戦線維持&押し上げに活躍できる。
    一撃必殺ができないから逆に割り切った動きに心を傾けやすいし、今がこれまでで一番の華な気もする。





  • スプラローラーコラボ

  • ローラー本体の弱体と、ダイオウイカの弱体で二重苦を受けることとなった略してスロコラ。
    逃げる相手や、マサバの金網の上などから下の相手などを一発で殺せなくなったりと、確かに殺傷力の低下を実感。
    以前は刃の付いた網でも投げる感覚でホイホイと相手を殺せたがそうでもなくなり、より慎重or正確な攻撃が求められる。
    高い打点からの打ち下ろしや前に飛ばす感覚をよりしっかりと意識して振らねば。
    殴打殺法で地上戦をするにはこれまでと大差ない感じ。空中戦には弱くなった?

    またダイオウイカも、敵からの攻撃で弾かれやすくなり、
    解除後のブキ使用不可時間が長くなったため、敵陣にホイホイ飛び込んでも何となく帰ってこれた今までとは違い、
    ヘタに敵陣に飛び込むと離脱もままならず敵に捕捉され死亡……ということも増えかねない。
    全体的に、より慎重に機を見ての動きを要求されるようになった感じ。

    まあこれまでが曖昧な動きでも殺せすぎたので、これで妥当だろうというのが個人的見解。





  • スーパーショット

  • この弱体化が自分にとってはいちばん痛い。
    発動後、撃てるようになるまでの感覚が0.5秒強から一秒弱という、約二倍にも延びたのが使い勝手に大きく響いている。
    これまでなら敵攻撃圏内から離脱がてら一発ねじこんで殺して帰る、というプレイングもラクラクだったけども、
    今では不用意に発動すると1秒近くただのドンガメになってしまうので、こちらもやはり慎重な利用が求められる。
    とはいえ、これまでが不意打ち気味に相手を殺せすぎたといえばこれもそうなので、悲しいけれど妥当なところか。
    発動するときだけチャージャーの気分になってみると射線意識が向上していいかもしれない。








タグ :

【 Wii U 】 Splatoon / スプラトゥーン : 多くのブキに調整が入る更新データVer2.2.0、10月21日配信。

 2015-10-17
edit



『Splatoon(スプラトゥーン)』 更新データ(Ver.2.2.0)配信のお知らせ
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/update/index.html


『Splatoon(スプラトゥーン)』 更新データ(Ver.2.2.0)の詳細内容
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/update/index_220.html




発売からそろそろ半年になるにもかかわらず、まだまだアツさが収まらないスプラトゥーン、
このたび公式より、10月21日のVer2.2.0のアップデート更新データ配信が告知された。

項目の多くなかった2.1.0とは異なり、メインブキの大部分に何らかの変化がある大規模更新。
マッチングもSランク以上どうしのマッチングを強化したり、勝敗時のポイント変動にも手が入っている。
またブキの調整それぞれの具体的な数値を記載、より具体的な説明を要する際には動画も載せるなど、
詳細ノートを読むだけでもタイトル自体への尽きぬ意気込みが伝わってくるかのよう。

様々なものを参考にしできる限りを行っているであろうこのイカからさらにフィードバックを得て、
さらにその他の多くのタイトルへとノウハウを活かしてほしいところ。



以下は、ブキ修正点で自分の気に留まったところをあれこれ。


>> [記事の全文を表示]

タグ :

WiiU 『 Splatoon / スプラトゥーン 』をやっています。

 2015-07-01
edit
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/index.html


Splatoon(スプラトゥーン)|公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/index.html

Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
https://twitter.com/SplatoonJP/






いたんです。













5月末ごろに購入しつつしばらく据えおき、












第一回フェスあたりから徐々にヒーローモードをクリアしつつプレイしていき、現在イカ歴2週間強ほど。
近く第二回フェスではたぬき派に所属し、きつね派のおあげをさらに紅く染めてやる所存にあります。

現在のメイン武器はチャージャーのワカメを主に、ローラーならカーボン、
シューターなら集弾性が高く射程が長めのもの、全体的に軽めのブキが好み。
なおガロンは見つけ次第に優先してころす。(そしてころされる)



巷ではワンボタンの用途やゲームデザインにおける引き算が巧みだとか、
「撃って、塗る」と一目でルールを直感的に理解させるシステムとビジュアルの直結の仕方とか、
「オンライン8人対戦メインの一人プレイゲーム」であるにも関わらず壁を感じさせない異様に敷居の低い雰囲気だとか、
要素の逐次追加や公式アカウントによるユーモラスな広報で話題と注目の維持に余念がない任天堂らしからぬ手腕とか、
色々と語る切り口はあるようだけども、自分としては「ドカドカ撃ってビシャビシャ塗るのがまず本能的に気持ちいい」
という点を推したいと思います。 ドロンコ遊びと同じ感覚的理屈。 色んなルールやセオリーはその上で。



自分的お気に入りブキ評やプレイのコツ、MAPのポイントなどを綴ってみたい気持ちはあるけども、
アイデアはあっても実行・継続する気力と体力がないので予定は未定。これ以上やるやる詐欺を重ねてはいけない。
まあ、気が向いて、かつ気力が欠乏してなくて編修する体力が足りてて時間に余裕でもあれば、そのうち。








Splatoon(スプラトゥーン)Splatoon(スプラトゥーン)

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC) Wii U マリオカート8 セット シロ 【Wii U】任天堂公式ライセンス商品 画質優先タイプ 空気ゼロ ピタ貼り for Wii U GamePad BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX

by G-Tools


ちなみに僕はDL版をAmazonから買いました。
AmazonでのDLコード購入はクレジットカード決済が必須ではあるけど、値引き率が大きいのでオススメ。
また、今からWiiU本体が欲しい人は、マリカ8セットが付属品と値段バランス的に最もオトクだと思います。
この辺の「イカを機にWiiUを買いたい人の手引き」もいずれ書こうかしら。



タグ : WiiU ゲーム感想

【 Wii U 】 Splatoon / スプラトゥーン : 見た目にも耳にも賑やかな公式サイト開設!

 2015-02-07
edit
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/index.html


Splatoon(スプラトゥーン)|公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/index.html

Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
https://twitter.com/SplatoonJP/




5月に発売予定の注目作、
イカとイカがペンキを塗り合って縄張りを奪い合う「Splatoon」の公式サイトが開設。

普段なら公式サイトOPENが発売一か月前というのもザラな任天堂だけど、
最近は公式Twitterアカウントの積極的な活用も含めて柔軟になってきたようだ。
こういうのは事前の気分の盛り上がりも大事だろうし、ありがたいことだ。






spla_002.jpg

spla_003.jpg



内容としては、
これまでの公式Twitterアカウント"イカ研究所"が届けてきた内容をかいつまんで載せた形になっている。
ざっくりとわかりやすく振り返る公式HPと、ユーモアたっぷりに日々楽しみと共に詳細な情報を提供するTwitter、
ふたつの発信場所の方向性のふりわけ方もいい感じ。



2014年のE3で初公開された時の"ナワバリバトル"PVや、開発者インタビューの様子、
年末ごろのダイレクトで公開された一人プレイ用"ヒーローモード"のPVも下段にまとめられているので、
もう見た人もまだの人も見てみようそうしよう。






タグ : ゲーム情報 WiiU

【 Wii U 】 Splatoon/スプラトゥーン : ダイレクトにて続々情報公開。2015年5月発売予定。

 2015-01-16
edit
SPLTN.jpg SPLTN.jpg


Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
https://twitter.com/SplatoonJP/



WiiUの注目タイトル、Splatoonについても15.1.14ダイレクトにて情報公開。
おおまかな発売予定月や、ゲームシステム、プレイヤーの拠点についてが紹介。

発売は5月予定で、1Qかと思ってたらゼノクロスの方が早く出るのはちょっと意外。
とはいえあっちが4月末発売なので、こっちが5月中のいつになるにせよ、その1ヶ月以内とは地獄のようなスケジュールだ。





SPLA_0115_005.jpg SPLA_0115_010.jpg


プレイヤーが最初に降り立ち、拠点となる"広場"には、
Miiverseを通じてやってきた世界中のプレイヤーイカが闊歩するという。


奥にある"イカスツリー"から、オンラインの戦場"ナワバリバトル"へと向かうとのこと。
スカイ→イカスというもじりもあるだろうけど、何だかすごいイカパワーを感じるネーミングである。







SPLA_0115_015.jpg

SPLA_0115_017.jpg SPLA_0115_019.jpg
SPLA_0115_020.jpg SPLA_0115_022.jpg



・イカちゃんの身に着ける物品を取り扱うショッピングモール"ブイヤベース"
・メインウェポン、サブウェポン、スペシャルウェポンなどの武器セットを扱う、カブトガニの"ブキ屋"
・イソギンチャクの経営する、頭装備を置く"アタマ屋"
・クラゲ?が服を扱っている"フク屋"
・ナゼか揚がっているエビの"クツ屋"



などで揃えたコスチューム装備品は広場で着替えることができ、
また他プレイヤーキャラの装備も参照して、参考にすることができる模様。
















武器の使い分けや、装備チェンジなどの情報、
オンラインモードや一人用のヒーローモードなどの具体的情報も増えてきて、
公式Twitterもユーモアたっぷりに日々活動していて、いよいよ期待が最高潮に近づいてきたこのSplatoon。

なのでそろそろ、一括して情報を確認できるように、公式サイトの開設を急いでほしいトコロ。
通例の発売一ヶ月前~よりはもっと早く、かつその際にはTwitter運営研究員のコラムの再掲もお願いしたい。




タグ :

WiiU『Splatoon/スプラトゥーン』も2015年春予定。公式ツイッターアカウント・イカ研究所もオープン。

 2014-11-11
edit
SPLTN.jpg

Splatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP) | Twitter
https://twitter.com/SplatoonJP/


今年のE3で初公開、その独特のビジュアルと雰囲気と画面越しにも伝わってくる動きの気持ちよさ、
「塗りつぶしによる陣取り合戦」と一目で伝わるゲーム性、そして何よりも主人公がイカということで話題を呼んだスプラトゥーン、
こちらも来年の春ごろ予定との発表。 ゼノクロが5~6月ごろくらいなら、3月くらいには出といて欲しいところだが。








今回の目玉は、新しく公開された映像。
初報で公開された内容を新たに凝縮して紹介するほか、
新たに、謎のタコの軍勢との戦いが描かれると思しき一人用モードについての内容も見て取れる。
よく見たら、タコの軍勢にはタコ足型の兵士のほか、イカと同じく人型の相手もいるようだが。


「多人数対戦がメインで一人用はオマケくらいかな」と思っていたが、なかなかどうして、
迫りくるタコ兵士を撃ち倒し、インクで塗り潰した壁を自在に登り、足場から足場へと縦横無尽に飛び回るそのさまは、
ひとつの3Dアクション(&シューティング)ゲームとしても面白そうな気配がビタビタと伝わってくる。
Youtubeは最近60fps再生に対応しだしたので、ぜひ720p60設定で見ることを推奨。






また、公式サイトの開設はまだなものの、こちらも公式ツイッターの運用が開始。
イカ研究所」と題し、研究員による報告といった形で様々な情報を伝えていく模様。
今のところ、日々のツイート数は公式情報運用にしてはなかなか多く、ユーモアに溢れているので今後にも期待。

上記のツイート&画像は「ヒーローモード」でプレイヤーキャラが着用するヒーロースーツについて。
見れば見るほどビジュアルだけでも楽しみが増してくるゲームというのは久々なので、今後も注目。







こちらはE3での初期公開映像。復習に。



| ブログTOPへ戻る |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。