次のページへ



スポンサーサイト

 --------
edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

現ATXチーム隊長、キョウスケ・ナンブ氏の「かつて」と「これから」。

 2016-08-07
edit





……という思いつきのツイートに端を発し、TLにしばらくその流れを作ったこの話題。
第二次OGからこっち、どうにもパッとしない印象がある現ATXチーム隊長キョウスケ・ナンブ氏について、
実際のところそんなに弱体化しているのか?そもそも昔はどうだったのか?輝けていたのか?どう変化してきているのか?
…などなどを、半ば以上はただの思い出ふりかえり的に検証というか比較っぽいことをしてみる試み。
まあつまり、主に性能面での推移を懐かしみながら追ってみようという記事です。












▼ 各作品での特徴・比較

というわけで、各作品における特徴を挙げ、それぞれの比較へと入ってみる。
初登場であるC2は精神のランダム性があるので、固定となったIMPACTから現在OGMDまでを。





>> [記事の全文を表示]

スポンサーサイト
タグ :

勝手に特集 : エクスバイン / ヒュッケバインEX について。

 2016-01-22
edit
8-152.jpg



版権シリーズにおいてはαで登場、OGシリーズでは外伝にて存在を匂わされてから幾年月、
アニメOGジ・インスペクターにおいて別の形で登場を果たした、元ヒュッケバインEXことエクスバイン
ゲームでの好きな機体アンケートに毎度毎度EX改式の名を書き続けてきた甲斐があったというもの。

ネタバレ!?インスペクターの第8回も併せてどうぞ。



立体モノの公式はこちら。
COMPOSITE Ver.Ka スペシャルページ | エクスバイン
COMPOSITE Ver.Ka エクスバイン EXカラー(仮)




ヴァリアブルアクション D-SPEC スーパーロボット大戦OG エクスバインCOMPOSITE Ver.Ka エクスバインCOMPOSITE Ver.Ka エクスバイン EXバージョンカラー  魂ウェブ限定

COMPOSITE Ver.Ka エクスバイン
COMPOSITE Ver.Ka エクスバイン EXバージョンカラー  魂ウェブ限定
ヴァリアブルアクション D-SPEC スーパーロボット大戦OG エクスバイン






(12/某、※ヒュッケバインについて追記。)
(12話で登場したので、エクスバインガンナーについても追記。)
(5/20、OG新作が発表されたりしたので、アニメ最終回までとその他の話を追加。)
(第二次OG内での扱いについても一部追加。ネタバレ注意。)
(OGダークプリズンにおいて言及された内容も追加。)
(2016/01/21、OGムーンデュエラーズへの登場予定についても追記。)
アニメ後も第二次OGなどでの扱いも追加したら結構な量になったので改めて更新。


ちなみに、OGムーンデュエラーズでの登場で気になって検索して来たというひとは、

・エクスバイン
 → OG1とOG2の間にヒュッケバイン009を改造した機体。第二次OGでアッシュに改造され、のちにエグゼクスバインになる。
・エクスバイン・タイプL → 第二次OGのあとに制作されたと思われる2号機。赤いカラーリング。
・エクスバイン・タイプR → 同じく3号機。 

というところだけ把握しておくと大丈夫だと思われます。






>> [記事の全文を表示]

タグ : OGIN アニメ感想

スパロボOG Record of ATX、最新39話公開。加熱するラングレー攻略戦!

 2014-10-26
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス)  スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.5 (電撃コミックス)

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16107/

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16114/


先月より始まったオペレーション・プランタジネットが本丸、ラングレー攻略戦。
ゲームOG2やアニメOGINならその前に「紅の幻想」イベントが挟まっていたところだけど、
今作RoATXではひとまず飛ばして先へ進める様子。

マイ関連と他の部分を絡めるなら、共通する関係者としてアギラ婆がいるし、テーマ的な相性もよさそうな
アラドによるゼオラ救済あたりのスクール系の話と関わらせやすそうだし、その辺かしら。



さて今回の見所は、何といっても二つ。

1.先陣を切るノイエDC部隊と、それを迎え撃つメガガルガウの怪獣的威容
2.ゲームやアニメにはないオリジナル要素、バン・バ・チュン大佐の駆るヴァルシオン改・タイプGFの登場



先月号にて登場したメガガルガウ。
これはゲームには登場しないOGINアニメオリジナル要素で、テスラ研奪還戦で撃破されたガルガウの強化改造型。
アニメではもう少し後の出番だったけども、こちらでは前倒しして登場。
連邦軍と一時共同作戦をとるノイエDC部隊を、まさに怪獣的な暴れぶりでバッタバッタと薙ぎ倒していく様がすばらしい。
アニメでは一見のインパクトだけのまま撃破されていったほぼ出オチのマシンだったけど、
こうしてハッタリの利いた魅力的なメカの持ち味を最大限引き出しながら描いてくれるのは嬉しい限り。
さすが作者・八房さんの"わかってる"的安心感はすごい。







そしてもう一つ、ヴァルシオン改・タイプGF!!
ノイエDCの首領、バン・バ・チュン大佐がこの正念場で乗機として駆る、アニメにも無い漫画版オリジナルマシン。
直前までのバン大佐と旧DCトップ関係者との問答を経て戦場に立ち、「外敵と戦うための剣である」とするDCの意義を、
その象徴であるヴァルシオン(ダウングレード型の改造機だけど)で以てここにありと示す姿はまさに威風堂々。
ノイエDC軍を次々と蹂躙していくメガガルガウをクロスマッシャーで押し返す姿の何と勇ましく格好いいことか。
一本筋を通した気骨ある人物として描かれているバン大佐だけに、「彼ならばヴァルシオンを駆るに足る」と思わせてくれること充分。

後にヴァルシオン改・タイプCFを持ち出して「貴様もDCの重鎮なら我らに手を貸し、連邦を打倒する義務がある」と
シュウに要求して逆鱗に触れ、消し飛ばされることで「DCのあるべき姿」を逆説的に示したオレグ大尉や、
狂犬のような傭兵ムラタはまともに飼いならせず、雲隠れした挙句にヴァルシオンだけ奪われて叩き出されて
行方も知れないモンテニャッコとは一味違う! …とここまで思って気づいたんだけど、ムラタもニャッコも、
元はと言えば昔に八房氏が書いたOGサイドストーリー漫画から本編に逆輸入されたキャラだったんだよなと思いだす。
逆輸入されて出番が増えるにつれ時代錯誤の人斬り狂いなキャラ付けがされたムラタといい、
「みながみなバン大佐について地上で決起、ともすれば一網打尽の共倒れになるわけにはいかない」という
スタンス自体はまともではあるんだけど、どうしてああも情けない印象になってしまうのか不思議なニャンコ氏といい、
漫画出身側がどうしてかそうなってしまった一方、本編キャラであるバン大佐の魅力が引き出されてる逆転現象の不思議さよ…


話は逸れたけど元に戻してこのタイプGF。
タイプCFと同じく量産移行型の一機を改造したものだと思われるけど、気になるのは「タイプ"G"Fとは何?」というところ。
DC系マシンの命名法則で言えば、タイプCが宙間戦闘型、タイプFが武装強化型、タイプVが機動性、他LやSなど…とあるので、
タイプCFは「宙間戦闘チューン・武装強化型」だというのは推察できるるんだけども、タイプGというのが今一つ不明。
これが後に開発されるゲシュペンストMk2M改ならばタイプG=格闘戦強化型という風に納得はいくのだけども。

見た目を参考にするに、背中に背負ったものが何かは判然としないけど(ジェットエンジンユニット?)、
太く頑丈そうな指やいかにも打突に向いた形状の腕や、大型の剣か槍じみたディバイン何かっぽい武器からして、
少なくとも格闘戦を念頭にした感じであることは違いなさそう。もう格闘型のGでも良さそうな気はするが。

ちなみに冗談交じりに「グランドのGでいいんじゃね?」ともTwitterでの雑談で言われたりもしたけれど、
実際、バン大佐を彷彿とさせる形状の頭部、オリジナルヴァルシオンを意識してそうなフォルムとカラーリング(?)
そしてこの絵に見る逞しさとヒロイックな雄々しさといい、新たなフラッグシップ機として、
本当に威風堂々のGrandのGでいんじゃね?という気もしてきた。


想像外の方向からステキなメカの魅力的なバトルを捻じ込んできて、
同じストーリーを辿るのは都合4回目でありながらもまだまだ新鮮に楽しませてくれる、これだからファンには嬉しいこのRoATX。
先に待つ多くの山あり谷ありを楽しみにしつつ、とりあえず次回は怪獣ガルガウとヴァルシオンGFのガチンコを見たいです。





>> [記事の全文を表示]

タグ : 漫画感想 RoATX

スパロボOG Record of ATX、8月分最新36話更新。 単行本5巻は8/27発売。

 2014-08-25
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG ―ジ・インスペクター― Record of ATX Vol.4 (電撃コミックス)
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.3 (電撃コミックス)


スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16107/

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16114/




電撃ホビーウェブに移行連載中の『Record of ATX』、8月分の最新36話が掲載。
……はいいものの、どういう手違いか、肝心のRoAのページは先月分のまま35話前後編から変わらず、
なぜか外伝小説『告死鳥戦記』の方にRoAの内容が上書き掲載、その結果、告死鳥戦記が行方不明という事態になっている。
告死鳥の更新の時にはさすがに気付いて直すだろうと思うけど、指摘でもした方がいいんかしら。



それはさておき本編内容。
ダイゼンガーを起動させ、テスラ研を占拠していたインスペクター四天王・ヴィガジを撃退。
次なる反攻作戦の合間の小休止、部隊メンバーそれぞれがそれぞれなりの再会や課題の発見を済ませるといった今回。
この次に待つ展開のこともあって、こういう回が一番次回が待ち遠しい。 オンリー・ワン・クラッシュはーやーくー。




スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクターー-Record of ATX Vol.5
http://hobby.dengeki.com/hobby_books/30128/


また、単行本の最新5巻の発売日も告知。8月27日。
えれえ直前になっての告知なのでせめて一か月前には知らせてほしいなあと思ったりするが、それよりなにより、




「TVアニメ」「八房氏」「脚本」という限定ワードのみでスパロボのスの字も作品名も出さない高度な宣伝よ。
いやまあファンなら即座に関連付けて理解・反応するであろうことは間違いないので問題ない…のか?





スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.5 (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.5 (電撃コミックス)
八房龍之助 寺田貴信

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



>> [記事の全文を表示]

タグ : スパロボ情報

スパロボOG Record of ATX、WEB連載7月分更新! ついにダブルG起動!

 2014-07-26
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG ―ジ・インスペクター― Record of ATX Vol.4 (電撃コミックス)
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.3 (電撃コミックス)


スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16107/

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16114/



連載開始して3年以上、ついにやってきましたOG2&OGINのヤマ場のひとつ、
先月分を「35話前半」、今月分を「後半」として、大地に立つ「武神装攻ダイゼンガー」の姿がとうとうコミックでもお披露目。
35話後半が個別ページでは実は「36話」と表示されているのはナイショだ。


それにしても、よくぞここまで来た。
RoATXのOG1シーズン開始から実に7年半、OG2期に入ってからは前述通り3年以上。
今さら言うまでもないけれど、「アニメ版のコミカライズ」であり、その元が当然OG2である以上、
とうとうダブルGの起動まで話が進んだ今、次に来たるは当然、あのエピソード。


思えば本当、長かった。 
OG1(DW)部分が始まった当時から、いずれ紅の幻想も漫画化しないものかと夢想していたものの、
「レビ様が出るまでやってくれるのかなぁ…でもあくまでDWキョウスケサイドだから、ハガネと合流したら終わりかな」
とも考えており、実際に当初はその予定だったというから最初は諦めていたOG2部分の漫画版。

しかし好評により延長され、DC戦争全体からL5戦役まで、原作ともアニメとも違った角度でフルにコミカライズ、
ホワイトスターでのレビ&ジュデッカ決戦、R-GUNリヴァーレとSRXチームの死闘までが濃密に描かれ、
その上、OG2がアニメ化するに従ってこちらも当然のように継続される運びとなったのだから嬉しいことこの上ない。
そしてこの度、ゲーム的には「紅の幻想」、アニメ的には「オンリー・ワン・クラッシュ」まで時系列が進んだ今。
本当に本当にマジもう本当に、この時を7年間待った甲斐があったというものだ。

何より八房先生画のレビ様&マイマイはものすごく可愛いので、とにもかくにも一刻も早く目にしたい。
SRXチームの活躍や一撃必殺砲も楽しみだし、次が待ち遠しい…



で、せっかくのダイゼンガー回なのにそれについてほとんど触れてないってのは我ながらどうなんでしょう。
まあ、その辺は、各々皆さんその目で確認するってことで。




タグ :

スパロボOG Record of ATX&告死鳥戦記、5月分WEB連載更新!

 2014-05-26
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG ―ジ・インスペクター― Record of ATX Vol.4 (電撃コミックス)
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.3 (電撃コミックス)


スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16107/

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16114/


先月より電撃ホビーWEB連載へと移行したROA&告死鳥戦記、5月更新分の最新話が公開。
月ごとに入れ替わり掲載かと思ったら、先月分もまだ読めるありがた仕様。
単行本発売までは公開しておいてくれるかしら?

せっかくだから一度、過去連載分を一定期間全公開キャンペーンとかやってみてくれないかしら。
WEB連載基本で単行本発売の時に過去連載分を期間限定公開とかやってるワン○ンマンみたく。

>> [記事の全文を表示]

タグ : 漫画感想 RoATX

スパロボOGコミカライズ「Record of ATX」&外伝小説「告死鳥戦記」、今月よりWEB連載開始。

 2014-04-25
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG ―ジ・インスペクター― Record of ATX Vol.4 (電撃コミックス)
スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.3 (電撃コミックス)


スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16107/

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記 | 電撃ホビーウェブ
http://hobby.dengeki.com/ebooks/16114/




電撃ホビーマガジンで連載されていたスパロボOGコミカライズ「Record of ATX」と、
電撃ホビーbisで連載されていた外伝小説「告死鳥戦記」が、今月より電撃ホビーWEBに移行して掲載。

電撃ホビーマガジンbisはもともとWEB媒体であったものの、昨年11月を最後に休刊していたので、
告死鳥戦記はこの掲載から連載再開ということになる模様。現在は第二部・バルトール事件の裏側の時期。

一方、紙媒体の本誌連載だったRecord of ATXもなんでか今月よりWEB連載へ。
理由はともかく、読みやすくなるのは大歓迎。今月は回想の形でアクセルvsベーオウルフからOPプランタジネット開始へ。
個人的に大注目の「紅の幻想」相当部分まであと少し。あと少し…これを何年待ったか…

関係ないけど、いま単行本新刊発売記念で全話公開中のワンパンマンみたいに、
RoAも何かの機にパーッと公開してくんないかしら。








Record of ATX4巻&電撃スパロボ新刊、11月27日発売。ほか最近の感想。

 2013-11-07
edit
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (1) (電撃コミックス) スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)
 スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX Vol.3 (電撃コミックス)




OG2のアニメ版ジ・インスペクターのコミカライズRecord of ATXの4巻と、
電撃ホビーのスパロボOG特別増刊号電撃スパロボ魂!』の新刊が、この月末11月27日に発売予定。
ついでにOGインフィニットバトル&ダークプリズンも28日に発売なのも再チェック。第二次OG発売から丸一年かあ。



電撃スパロボ新刊、今回は魔装機神特集らしい。
3が7月に出たのでまあ時期外れではないけど内容あるのかなあ…と思ったけど直近にOGIB+DPもあるし、
その内容+魔装機神ズのポゼッション姿など設定資料とかでも掲載すれば十分に量はあるか。
実際はどれだけの内容になるか、一応期待しときたいところ。



また、スパロボOGジ・インスペクターRecord of ATX4巻。
公式サイトやAmazonにはまだ上がっていないが、電撃ホビー今号によると表紙はブリット&参式。

内容としては、前巻から引き続いてリクセント奪還作戦とその終結、
現最新号で描かれている展開の直前、戦いの合間の伊豆基地でのひとときなどが収録されると思われる。
シリーズファンにもさほどファンでないひとにもとにかく必見とオススメしたいことは依然かわりなし。




ついでに、電撃ホビー最新号のROA感想。
インスペクターに制宙権を奪われ北米大陸も制圧された中、
リクセント公国の奪還を終えて休息していた自軍も次なる戦いへ。

アニメ版ではここですぐにシャドウミラー隊の襲来とミッション・ハルパーによるクーデター始動だったけど、
RoAではエクセレンがアインストに誘い出されて襲われるゲーム版「招かれざる異邦人」の展開を織り交ぜており、
アニメ準拠展開の中のちょっとしたスパイス、かつアニメ版とゲーム版を合わせてさらに話が練られて行きそうで期待。
アラド&ビルガー(武装不完全)の出番もそろそろだし、何より今回の最後にはついにR-GUNパワードがとうとう戦場に立ち、連載開始以来待ちに待った瞬間が迫っていることに胸が躍る。漫画版の「紅の幻想」はどう描かれるだろう。
八房先生の描くマイマイの可愛さは第二次OG特典の電スパ収録漫画で分かっているけど、本編上で描かれるのはまた格別に楽しみ。


第二次OGの特典引っ張り出してる  on Twitpic その2  on Twitpic



 


外伝企画『スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記』単行本1巻、7月25日本日発売!

 2013-07-25
edit
スーパーロボット大戦OG告死鳥戦記 1 (DENGEKI HOBBY BOOKS)


スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記|公式サイト




昨年より電撃ホビー/電撃ホビーbisに連載されていたスパロボOG外伝・告死鳥戦記。
先月の公開分でめでたく第一部・完となり、その全12話をまるっと収録した単行本1巻が本日発売。
著者の竹田氏いわく、第二部の予定も既に動き出しているとのことで楽しみだ。

公式サイトもいちおう、発売日の今日になってやっと公開。


【あらすじ】
ビアン・ゾルダーク率いるディバイン・クルセイダーズ(DC)、
そして地球外知性体・エアロゲイターとの大戦を経て、地球圏が安寧を取り戻しつつあった新西暦187年。
しかし、一部のDC残党は地球連邦政府に下ることをよしとせず、各地で抵抗運動を続けていた。
そんな中、兵士たちの間で語られる不穏な伝説。
「告死鳥の鳴き声とともに死者が蘇り、前線の兵士たちを冥府へと誘う……」。
だが、その伝説の影には、リェータ・ウィーバーら4名の機動兵器パイロットからなる特殊部隊・FDXチームの姿があった。
インスペクター、そしてアインスト……地球圏に新たな魔の手が迫る中、彼女たちは〝死者〟として、人知れず戦い続ける……。



新武装の評価試験を行う影の特殊部隊FDXチーム、そこに所属する主人公リェータの視点から、
おもにOG2相当部分、ノイエDC蜂起やアインスト・インスペクター事件の裏側のもう一つの戦いを描くこの作品、
竹田氏の平易で分かりやすい文体によって、設定の理解を深め、世界観を広めながら描かれ、
本編との関連にニヤリとする部分もあり、ファンなら必携、必読の一冊と言えるでしょう。

個人的に好きな場面は、過去の回想でL5戦役の折、リェータが後の鋼龍戦隊のPT(カチーナ中尉)によって命を救われ、
同時にその戦いぶりに見惚れるシーン。互いに個人を認識していないとはいえ、こういう一瞬のクロスは好き。
そしてとかくハミダシ者である本編自軍に対し、主人公が悪印象を抱いていないというのに何だか安心した記憶。

第二次OG相当部分が描かれそうな第二部では、反逆者扱いとなる自軍にどういう想いを抱くのか、
また彼女自体の立ち位置がどうなるかなど、いつ開始かまだ不明だけども楽しみな部分多し。




スーパーロボット大戦OG告死鳥戦記 1 (DENGEKI HOBBY BOOKS)スーパーロボット大戦OG告死鳥戦記 1 (DENGEKI HOBBY BOOKS)
竹田 裕一郎

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 メモリアルブック 牙狼 シリーズ ベストアルバム 大張正己 画集 ロボ魂-ROBOT SOUL- PS3ゲーム 第2次スーパーロボット大戦OG オリジナルサウンドトラック スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target- (ゲーマガBOOKS)

by G-Tools




>> [記事の全文を表示]

書籍『スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記』単行本1巻&『魔装機神 メモリアルブック』発売決定。

 2013-07-20
edit
スーパーロボット大戦OG告死鳥戦記 1 (DENGEKI HOBBY BOOKS)     スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 メモリアルブック



スパロボ関連の書籍2冊が発売決定。
一つはスパロボOG外伝企画、電撃ホビー系で連載の小説『告死鳥戦記』
ゲームで言えばOG2前後、そこで描かれるインスペクター事件やノイエDC蜂起を舞台にした影の部隊の物語、
その第一部となる1話から12話までを収録した単行本1巻が7月25日発売。
ちなみに第二部も既に動いているトカ。


もう一つは、発売迫るシリーズ最新作を前に、『魔装機神メモリアルブック』なるものが発売決定。8月13日
内容については現時点では不明で、公式発表や商品概要掲載を待つほかなし。
魔装3より前の発売となるが、どの程度の内容が収録されるのだろう。




内容不明の魔装ファンブックは置いといて、告死鳥戦記はオススメの一作。
近年(といってももう5年くらいか)入り組み始めたOG世界観・兵器設定について、竹田氏の読み易い文体で解きほぐしつつ
解釈を深め、それを活かして新たな視点とロボと戦場を生み出して繰り広げられるストーリーはファンなら買い。
基礎的な知識や用語などにはOG好きでなければキツい部分はあるが、その辺はRoATXと同じようなものってことで。

あとは本編たるゲームの方が、もう少し設定と個性のゲーム内表現に気を遣うようになれば万歳なのだけど。




 

予約開始を機に記事化したものの、しかし直前になっても公式の告知は皆無で、
ライター氏のツイッター上での紹介くらいしか知る手段も広報らしい広報もないという。
もはやいつものことではあるけどプロモーション&プロデュース組はもうちょっと機敏になろうぜ。



『スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target-』4月30日発売に最終決定!

 2013-04-23
edit
スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target- (ゲーマガBOOKS)


ソフトバンク クリエイティブ:スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target-
スーパーロボット大戦OG SECRET HANGAR 2nd target|公式サイト



公式ツイッターアカウントの告知とともに公式サイトが本日更新、
ゲーム:第二次OGの公式サイトの一部に情報が記載されることとなったシークレットハンガー第二巻。

先日「いい加減いつ発売なのかはっきりせいよ」とぼやいたものだが、発売日が4月30日にやっとこさ確定の模様。
出版社側HPは26日のままだけど、公式は30日表記(Amazon等もそう)なので、30日で本決まりでいいのだろう。


ようやく本決定っぽいらしい今、これまでの予定ズルズル具合はさて置くとして、
注目なのはいよいよこれまでとの動きの違いが明確になってきたスパロボ公式アカウント。
関連書籍の発売告知からメルマガの配信と宣伝までやるとは、全く人が変わったような働きぶりだ!
……言ってて悲しくなってきた。 関連書籍とか情報配信の知らせとか普通のことが今まで無かったんだよな…


ちなみに知らせどおり本日配信されたメルマガの内容によると、
メルマガの方は4月から担当が変わり、文面のノリ・構成もこれまでとは少し趣が違ったものになっている。
その人がツイッターの方も兼任しているなら(まあしているんだろうけど)、「実際に人が変わっていた」ようだ。

30本ほどスパロボをプレイしてきた歴戦のファンでもあるようなので、
そちらの目線も活かした、リアルタイム性の強い、かつ細やかな告知等の活動をこれからも期待したい。
いやホント、電撃スパロボ魂の時なんて発売から一週間は経ってから「発売中です!」だったもんよ…
あとはやはり、動きがすこぶる鈍い公式ブログ"スパログ"にも喝が入ってくれれば。




   


ところでふと思ったんだけど、
OGシークレットハンガーは第二次OG限定のコンテンツというわけでもないのだし、
ゲーム第二次OG商品ページの一内容に収めるのは、まあ間違ってはいないにせよ適当でもない感じがする。
そろそろシリーズ展開を一望できるOGポータルサイトでもできないかなあ。

 

SS集2巻『スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target-』4月26日発売!

 2013-04-04
edit
スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR- (ゲーマガBOOKS)
(※これは1巻表紙)


ソフトバンク クリエイティブ:スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target-




以前にも紹介した、スパロボOGショートストーリー集『シークレットハンガー』第2巻、
出版のSBクリエイティブの商品一覧に掲載され、その発売日がようやく4月26日に正式決定した模様。
前巻から3年、連載誌ゲーマガ休刊までの全てを収録しているであろうためかページ数1.5倍、価格2,940円と少々高め。

◇前回記事:ショートストーリー集『スパロボOGシークレットハンガー』第2巻、4月2日発売決定?

(※結局、最終的に4月30日になった模様。)
( → 『スーパーロボット大戦OG -SECRET HANGAR 2nd target-』4月30日発売に最終決定!)


ファンアイテムの中でもかなりコアな部類になっていそうな気配はするが、
一応昨年末に第二次OGが出たこともあって、時期的には悪くない…か?
通販サイトでは2月→3月と順延され結局4月となっていたが、まあせめて2月に出せていればと思わなくもない。



134701821.jpg 134702316.jpg

前の記事でも書いたけど、自分好みの回がいくつも収録されているので押さえておきたいところ。



 

しかし、スパロボ広報はプラモや書籍などの関連商品の告知をしっかりしたり、
OGシリーズは作品個々の公式HPだけでなくOG総合ポータル的なものをきっちり作ったりしてくれないかしら。
せっかく告死鳥戦記とか無料配信もしてるんだから、開始告知とあらすじ紹介とかさ。
情報のとっ散らかりぶりと周知不徹底ぶりはいい加減どうにか。


| ブログTOPへ戻る | 古いページへ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。